消費者金融に申し込むなら

消費者金融から借りるという選択

消費者金融から借り入れることを選んだあなた。
その選択に後悔しませんか?きちんと考え抜いた末の決断でしょうか?
その選択にはきちんと利用をつけられますか? その選択に至った決定的な理由は何でしょうか。あなたをそこまで動かした最大の決定打は。
消費者金融のお金は自分のお金と違いもっと重苦しい雰囲気をまとったお金です。そのお金によって人は幸福にもなるし、失敗すればすぐに人生は転落してしまうからです。
最善なのはお金を稼ぐことですがそれは能力や知識、その他能力が求められます。ですから即効性に欠けるのです。確実性と、安全性を兼ね備えた行動こそ、消費者金融からの借り入れなのです。考え抜いた行動だとしてもどうしてもどこかで躓いて失敗することがありますから、ある程度のミスは多めに見るとします。
でも想定をあまりにも超えた失敗は容認することはできません。


《消費者金融を使った自分を見つめ返す》

消費者金融からお金を借り入れたという事実は無くなりません。
だったらその事実を受け入れて、借り入れた自分を肯定してあげることが大切になります。あの時の借り入れは無駄ではなかった。有効な手立てだったと考えておくことが大切です。
事実がどうであるかは重要ではありません。あなたの認識の中で良かったことだと言う風に処理することが大切です。
自分があの時下した決断。それによって訪れた結果。その結果によって変わってしまったこと。変わっていないこと。
あの決断に至った自分の思考回路。そこに何も問題は無かったか。もっと良くすることはできなかったのか。色んな事を考えておくことが大切です。
その時はだめだったと思っても、その経験が後に生きてくることがあります。反対に、その時は最善だと思っていた決断も、後から考えてみればとても良いものだとは思えないというケースも珍しくありません。


《周りの人から受ける影響、与える影響》

決断、選択には人から受けたものが影響します。
人から勧められたこと。人から聞いたこと。
さまざまな事柄がかんだ結果あなたは決断に至るのです。あなたが自分で選んだと思ったその決断も、人からの言葉によって行った選択ではないですか? あなたは100%自分の意志で選択することなんてできないのです。
あなたが選んだそのことには必ず周囲からの言葉や周囲からのすすめなどバイアスがかかったうえで下した決断です。
消費者金融から借り入れたというのも、そこには周囲からの影響が必ずあったはずなのです。

Copyright © 2012 消費者金融に申し込むなら. All Rights Reserved.